マレーシアのグルメフェアにてミシュランシェフと共演

唯一の日本人としてヒルトン小川学シェフが国際的なグルメフェアに参加

This information originated in UK English.

July 05, 2011

NISEKO, Japan - ヒルトンニセコビレッジ(北海道虻田郡ニセコ町、総支配人ダリル・マーズデン)の和食総料理長、小川学シェフが "スターヒルギャラリー(マーレシア・クアラルンプール)"にて開催されるグルメフェア"Midsummer Nights Feast"に唯一の日本人シェフとして参加し、ミシュランシェフを含む国際的に有名なシェフ達と共演いたします。

5大元素「地」「水」「火」「風」「空」をテーマに2011年7月1日から8日まで開催されるこの国際グルメフェア。フランスからはミシュラン三つ星シェフBenoit Vidal、オランダからミシュラン二つ星シェフMoshik Roth、その他アメリカやマレーシア、日本から招待された選りすぐりの5人のシェフが日替わりでそれぞれの与えられたテーマに沿って腕を振います。
今回「空」を担当する小川シェフは"A Breath of Mountain Air(山の空気)"をテーマに、国際舞台で素材の本来の味を生かす和食をベースの創作料理を披露。

イベントで披露したメニューは今夏よりヒルトンニセコビレッジでもご賞味頂ける予定です。
小川学シェフ プロフィール

札幌市内の老舗フレンチレストランやホテルなどでの経験を経て、2008年、ヒルトンニセコビレッジオープンより和食シェフとして活動開始するとともに、ヒルトン東京とヒルトン大阪にて鉄板焼のトレーニングを受け、鉄板焼シェフとしてもキャリアをスタート。14年間のフレンチの経験を生かし、和洋創作のユニークなプレゼンテーションやソースを使った料理を得意とする。2009年、ヒルトンニセコビレッジ内「日本料理レン」の料理長に着任。

ヒルトン・ホテルズ&リゾーツについて
ヒルトン・ホテルズ&リゾーツは、ホスピタリティにおけるスタイリッシュで先進的なグローバルリーダーです。祝賀パーティーやハリウッドでの表彰イベントを始め、ビジネスイベントや記念日まで、ヒルトンは世界中の人々が歴史を刻み、交渉をまとめ、特別な日を祝い、日常からしばし離れられる場となっています。ヒルトン・ワールドワイドの旗艦ブランドは、これからの旅に精通した世界中のお客様のニーズに合わせて商品やサービスを開発することによって革新を積み重ね、144,000 人を超えるチームメンバーがその経験を駆使してすべてのお客様に行き届いた、心温まるサービスをお楽しみいただいております。ヒルトン・ホテルズ&リゾーツは現在、78 カ国に540 のホテルを持ち、「ホテル」の代名詞にもなっているブランドです。ヒルトンに関する最新ニュースはwww.hiltonglobalmediacenter.comをご覧ください。また、www.hilton.co.jp であなたの旅をスタートさせましょう。ソーシャル・メディア・ユーザーのお客様は、www.twitter.com/hiltononlinewww.facebook.com/hiltonwww.youtube.com/hiltonをご利用いただけます。ヒルトン・ホテルズ&リゾーツは、ヒルトン・ワールドワイドが持つ10 のブランドの一つです。

ヒルトンニセコビレッジについて
「ヒルトンニセコビレッジ」(全506室)は羊蹄山を望む壮大なニセコビレッジリゾートの中核的な滞在施設として2008年7月に開業。スキー場、ゴルフ場に隣接素晴らしいロケーションに位置するヒルトンニセコビレッジは、ヒルトン・ワールドワイド・リゾートのひとつとして、8つのレストラン&バー、24時間のフィットネスルーム、天然温泉、アワード受賞スパなどを完備し、上質なサービスとゆとりある空間をご提供しております。ヒルトンニセコビレッジに関する情報は www.hilton.co.jp/niseko をご覧ください。