ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレインの寄付金でエクアドルの小学校に新校舎が完成

This information originated in Japanese.

June 10, 2010

CHIBA, Japan - ヒルトン東京ベイ(千葉県浦安市舞浜 総支配人:フレデリック・ルクロン)は、クリスマス・イベント「ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン*1」の寄付金により建設が進められていた、エクアドルのエロイ・アルファロ小学校の新校舎が完成したと発表しました。

昨年12月2日に、ヒルトン東京ベイは、「ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン」のイベント期間中に掲載された企業広告費の収益の一部1,690,223円を、財団法人 日本フォスター・プラン協会(プラン・ジャパン)*2に寄付しました。2010年1月6日には、プロジェクト管理委員会が設立され、3月1日に着工、5月5日に完成の後、5月13日には関係者を招いて現地にて落成式が執り行われました。

エロイ・アルファロ小学校は、エクアドルのカニャール県アソゲス地区ゾライコミュニティに位置します。この学校は、校舎の老朽化、教室の不足など、劣悪な学習環境により質の高い教育を行うことができず、留年・中退率の高さや、低い学習到達度に悩んでいました。しかし、資金面の問題により改善することができない状況にありました。今回の新校舎の建設後、子供達はより良い環境で学べるようになり、またすでに親たちの教育に対する意識が高まったことが報告されています。これにより、子供達の、就学率の向上、留年や中途退学の減少が期待されています。

総支配人フレデリック・ルクロンは、「新しく建設された校舎、そしてその校舎の前で満面に笑顔を浮かべた子供達の写真を見て、大変嬉しく思いました。今年も、11月初旬から『ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン』を開催します。これからも、少しでも多くの子供達の笑顔が増えるように、スポンサー企業と一緒に、努力を続けて行きたいと思います」と語っています。

尚、落成式では、「ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン」前に設置された募金箱に集まったゲストからの募金で、子供達に学用品が配布されました。

*1 「ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン」:

ヒルトン東京ベイ恒例のクリスマスの展示物であり、2000年から毎年実施しているクリスマスイベントでもあります。ホテルのロビーエリアに展示される、ヨーロッパの山間部を再現した大規模な鉄道模型は、総面積にして60㎡。例年約35万人ものホテル来館者がその精巧さに目を留めます。車輌や、橋、建物、看板などのジオラマ内の建造物には、参加企業の企業広告が掲示されており、2009年の「ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン」では、116社の企業が参画しました。

2009年の開催期間は、2009年11月10日(火)~2010年1月11日(月・祝)。今期は、2010年11月初旬~2011年1月初旬に開催します。

*2 財団法人 日本フォスター・プラン協会(プラン・ジャパン):

世界65カ国で活動する国際NGOプランの一員。国際NGOプランは、アジア・アフリカ・中南米の

途上国で、学校建設、予防接種、職業訓練など、子供達の能力と可能性を育む年間約10,000件の地域開発プロジェクトを実施しています。

ヒルトン東京ベイについて

東京湾に面したヒルトン東京ベイは、東京ディズニーリゾート®のオフィシャルホテルです。都心からわずか30分あまり、リムジンバスで成田空港から約60 分、および羽田空港からは約50分という大変便利なロケーションにあります。801室の客室は、広大な東京湾に面したオーシャン側と、東京ディズニーラン ド®や東京ディズニーシー®を目の前にしたパーク側にあり、いずれも窓の外には素晴らしい景観が広がります。ベッドを四台まで入れることのできるファミ リー向けの客室から、モダンでスタイリッシュな客室まで、多様なタイプの部屋が揃っています。東京ディズニーリゾート内に位置するため、両パークへの移動 も便利です。キッズ向けの朝食コーナーや遊び場など、お子様連れのゲストに喜ばれる施設やサービスも充実しています。館内には、5つのレストラン&バー、 2つの大宴会場と、8つの中小の宴会場があり、ビジネスやレジャーなど、あらゆる用途に適応可能です。フィットネスセンター、屋内と屋外のプール、ショッ ピングアーケード、リラクゼーションサロンなど、質の高い設備を完備しています。

当リリースに関するお問い合わせ先

ヒルトン東京ベイ  マーケティング・コミュニケーション
池田 (mari.ikeda@hilton.com)
小林 (mariko.kobayashi@hilton.com)
髙見 (masaki.takami@hilton.com)
Tel: +81-47-355-5000(代表)内線2272
Fax: +81-47-355-9900

添付資料 エクアドル エロイ・アルファロ小学校における新校舎建設プロジェクト

地域:エクアドル カニャール県 アソゲス地区 ゾライ コミュニティ

学校名:エロイ・アルファロ小学校

期間:準備期間 : 2010年1月~2月 工事期間:2010年3月1日~2010年5月5日

受益者数:エロイ・アルファロ小学校の児童(111人、2010年5月現在)、および、教員(7人)

目的:校舎1棟を建設し、子供達の学習環境を改善する。

事業実施団体:

財団法人 日本フォスター・プラン協会(プラン・ジャパン)

(理事長代行・副理事長 :黒河内 久美)

〒154-8545 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル11F

℡.03-5481-0030 Fax.03-5481-6200 http://www.plan-japan.org

問合せ先 : 大橋 三小峰 (おおはし みさお) (プログラム部 オフィサー)


1.支援事業地 概要
エクアドル基本データ

「ユニセフ世界子供白書2009」より

エクアドル カニャール県は、首都キトから441キロメートル離れた、中央山岳地方に位置しています。気温は摂氏12度から20度の間と年間を通して過ごしやすい気候ですが、山岳地という厳しい地理的条件のため公共サービスは行き届きにくく、劣悪な衛生状態や教育環境の未整備など様々な問題を抱えています。

 

2.支援事業の背景

エクアドルの首都キトから441キロメートル離れたところに位置するカニャール県のアソゲス地区ゾライコミュニティにあるエロイ・アルファロ学校は、適切な設備や教室数の不足により質の高い教育を行うことができず、高い留年・中退率や、低い学習達成度に悩んできました。同校では、7人の教師のもと102人(2009年12月当時)の児童が学んでいましたが、全6教室のうち4教室は老朽化が進み劣悪な状態で、また1年生には正規の教室すらありませんでした。1年生は、児童の親たちが修繕して教室用にレイアウトし直した建物を、仮の教室として使用していましたが、子供達が興味をもって授業に参加できるような適切な設備が整っていないため、子供達が授業に集中することは難しく、学習成果が上がりませんでした。

 

3.プロジェクトの経過

プロジェクト開始にあたり、管理運営を担当するプロジェクト管理委員会を設立。

プロジェクト管理委員会は、公正な審査を経て最も適切な建設工事の技術監督を選定。

資材の搬入後、建設工事を開始。工事は順調に進捗し、5月5日予定よりも早く完了。新校舎完成後、エロイ・アルファロ学校に通う子供達が、校舎の壁に絵を描く。

エロイ・アルファロ学校に通う子供達、コミュニティのリーダーと住民、行政関係者が落成式に出席。

 

4.プロジェクトの成果

新しい校舎が完成したことで、エロイ・アルファロ学校の1年生児童16人を含む111人(2010年5月現在)が、設備の整った安全で快適な環境で教育を受けられるようになりました。子供達が安心して教室で過ごせることで、授業への集中力が高まり、学習効果の向上が期待できます。六角形の教室は、1年生児童にとって興味深くまた楽しく授業に参加できるだけでなく、教師にとっても子供達すべてに目が配りやすく、児童一人ひとりの理解度を確認しながら授業が進められるという利点があります。教師はこのような教室の利点を活かし、工夫を凝らした授業を行うことで、授業の質の改善が期待できます。今回の新校舎の建設後、子供達はより良い環境で学べるようになり、またすでに親たちの教育に対する意識が高まったことが報告されています。これにより、子供達の、就学率の向上、留年や中途退学の減少が期待されています。

親達は、プロジェクトの準備、管理、実施のすべての段階で積極的に協力し、責任を持って建設業者の選定と雇用、工事の管理を行いました。プロジェクトの実施に直接参加できない低学年の子供達は、校舎の色や壁面の絵の図案と色について、意見を出し合いました。また、高学年の子供達は、校舎の壁画に絵を描きました。このような地域住民の積極的な参加により、地域の人々が責任を持って、プロジェクトによる成果を継続していく体制が整いました。


5.子供達の声

 


(資料提供:プラン・ジャパン)

About Hilton Hotels & Resorts

For nearly a century, Hilton Hotels & Resorts has been proudly welcoming the world's travelers. With more than 570 hotels across six continents, Hilton Hotels & Resorts provides the foundation for memorable travel experiences and values every guest who walks through its doors. As the flagship brand of Hilton, Hilton Hotels & Resorts continues to set the standard for hospitality, providing new product innovations and services to meet guests' evolving needs. Hilton Hotels & Resorts is a part of the award-winning Hilton Honors program. Hilton Honors members who book directly through preferred Hilton channels have access to instant benefits, including a flexible payment slider that allows members to choose nearly any combination of Points and money to book a stay, an exclusive member discount that can’t be found anywhere else, free standard Wi-Fi and digital amenities like digital check-in with room selection and Digital Key (select locations), available exclusively through the industry-leading Hilton Honors app. Begin your journey at www.hilton.com and learn more about the brand by visiting news.hilton.com or following us on Facebook, Twitter and Instagram.